gleich zum inhalt springen

二つの包茎治療のメリット

思春期独特の男性だけの疾病?に包茎が挙げられます。
男性性器の上に皮がかぶったままになっている状態を包茎といいます。
仮性包茎と真性包茎がありほとんどの男子は有る時期、仮性包茎の状態にはなるものであります。
そして必ずしも、男子全員が、包茎になるわけではないので、問題が発生するのです。
包茎に限らず、少数派というのは多数派から馬鹿にされるし、実際は多数派は何にも思っていないのに 少数派はコンプレックスに陥りやすいものです。
包茎の場合、その法則がずばり当てはまります。
包茎の男子は、ノ−マルの男子に対して、一般的には卑屈な気持ちになりやすいものです。
合宿等で風呂に皆で入るとき等にそれが強く出ますし、付き合っている女性がいた場合裸の股間をさらすことを、ついつい避けようとするものです。
包茎治療を受けることで、余分な皮が除去されて、性器の形がノ−マルなものに変わります。
そうなると男性仲間で風呂に入ることを避けたり、女性との愛の行為に対して臆病になることもなくなります。
人の目を気にしてコソコソとしなくて良くなるというのが、包茎治療の最大のメリットといえるでしょう。
そしてメンタルなものだけでなく、物理的なメリットも有ります。
包茎は性器の亀頭を皮がかぶっている状態なので、体を洗う場合も非常に洗いにくいです。
その為、よほど工夫しない限り、性器は不潔な状態に保たれてしまうことが多いです。
包茎治療が完了し、亀頭が綺麗に出ている状態になると体を洗う際に他の部位と同じく普通に洗えることが出来るので、清潔な状態が保てます。
このことが包茎治療のメリットの二番目になるでしょう。