gleich zum inhalt springen

コンプレックスから開放された包茎治療

私の場合は仮性包茎でした。
普段は皮を被っていますが勃起すると亀頭が半分ぐらい出る状態でした。
ただ包茎だというコンプレックスをいつも持っていました。
特に大衆浴場にいくときや、職場の人達と温泉に行く時はいつも恥ずかしい思いをしていました。
でも独り身のときは包茎治療をしようとは思っていませんでした。
セックスにそれほど支障がある訳では無かったし、恥ずかしい思いをしてまで治療をしようとはおもいませんでした。
しかし彼女との結婚が決まったときこれを機に包茎治療をうけようとおもいたちました。
周りの人達に包茎だと不衛生で、特に刺激に弱く女性を満足させられないぞと
言われ、包茎治療を受ける決心をしました。
ただ地元ではいやだったので少し離れた都市で治療をうけました。
治療は仮性包茎だったので意外にかんたんでした・
治療をうけたせいで今までの卑屈な気持ちが無くなり、仕事にも自信が出てきました。
彼女との夫婦生活も自信が持てるようになり包茎治療を受けて本当に良かったと思っています。
包茎の人は1日も早く包茎治療を受けるべきだとおもいます。