gleich zum inhalt springen

結婚を控えて包茎治療をしました。

包茎でもセックスはできます、しかし私にとっても彼女にとっても、包茎であることは十分なセックスができないということです。
彼女は結婚は承諾してくれましたが、その時、直すところは完全に治して、と言われました。
それは私の包茎のことをさしているということは、即座に判断できました。
これまでの彼女との体験から、それを彼女は嫌がっている、と私は思っていたからです。
確かに私が彼女の立場なら、皮を被った亀頭など、不潔感でいっぱいです。
それに私は気がつきませんが、匂いもあったかもしれません。
そのような状況で、結婚を承諾してくれた彼女に報いるためにも包茎治療をすることにしたのです。
包茎治療は完全に包茎を治そうと思っていたので、包茎手術を選択しました。
しかしこのことは彼女に黙っていました。
いずれ分かることなのですが、それについて相談する気にはなれませんでした。
料金が安いのは、泌尿器科で健康保険を利かせて手術を行うのが一番いいのですが、その出来上がりにも失敗したくなかったので、手術費用は高いのですが、専門のクリニックで手術を行うことにしました。
始めに、診察をしてもらって、手術の日取りを1週間後に決めました。
当日はとても緊張しましたが、手術は1時間もかからなかったと思います。
手術はあっけなく終わったのですが、1ヶ月はセックスできません、そのことを考えて、彼女には手術後に、手術をしたことを報告しました。
彼女はもろ手を挙げて喜んだ、ということは当然ありませんでしたが、多分ホッとしたと思います。
その彼女の表情を見て、私は手術を選んでよかったと思いました。