gleich zum inhalt springen

性器専門クリニックのサイトで、包茎のリスクと精神的なデメリットおよび治療によるメリットについて紹介していました

以前から、包茎ではないかと思っていましたが、最近心配になってきて、包茎の場合には、どのようなことが問題があるのだろうかと思って、なかなか人には聞きにくかったので、一人でインターネットで調べてみました。
その結果、ある性器専門クリニックのサイトで、包茎のリスクと精神的なデメリットおよび治療によるメリットについて紹介していました。

そのサイトによると、包茎のリスクは、包茎の場合は包皮の内側に、尿の残りカスや皮膚から出る垢等が混ざった恥垢がたまりやすく、たまった恥垢が悪臭を出したり、いろいろな弊害を引き起すということでした。
また、包皮の内側は粘膜性になっていて、普通の皮膚より弱く感染症も起こりやすいので、ヘルペスやコンジロームもこの包皮の内側に出来やすいということでした。
また、包皮の内側に菌が繁殖すると、ニオイを発したり、痒くなったり、皮膚が荒れたりしますということでした。
また、包茎の精神的なデメリットとしては、多くの男性が、包茎が恥ずかしいと感じていたり、人のペニスと自分のものが違っているので悩んだりしていますということでした。
また、包茎が恥ずかしいため、何年もコンプレックスを抱えてしまって、人に相談することや専門の医師に相談することをためらってしまっているということでした。
また、パートナーとのセックスに対しても臆病になってしまっているので、包茎が日本における少子化や離婚率が高いことの原因のひとつにもなっているということでした。
また、年を取って介護を受けるようになった時、熟年男性の中には包茎が恥ずかしいということで、介護をためらっている人もいるということでした。
また、包茎治療によるメリットは、 真性・カントン包茎を除いて、医学的には、包茎は急いで治療行なう必要がない病気ですが、早い段階で出来るだけ治療をしておけば、コンプレックスに悩むことなく、性病が予防でき、毎日健康な生活を送ることが出来るということでした。