gleich zum inhalt springen

私が包茎治療で手術を選ぶまでの体験談

私は仮性包茎でした。
ですから、別に緊急で治す必要は無いのですが、やっぱり恥ずかしいと言う気持ちがあり、インターネットや人の話などを聞いて、改善の方法を調べました。
とりあえず、余った皮の量が少ないなど、あまり深刻な状態じゃなければ、剥いた状態を維持しておけば、自然と戻らなくなると言う情報を得ました。
その昔、はいているだけで包茎が治ると言うパンツが発売されるなど、色々なグッズがありましたが、理屈的にはこれと同じ事なのでしょう。
早速、なるだけ向いている状態を作り出そうと努力しましたが、すぐに戻ってしまいます。
それを、いつでも何処でも行おうとすると、股間に手をやっている頻度が上がるので非常にかっこ悪い事になります。
ですから、これについてはすぐにqしました。
次に考えたのが、テープを貼るなど手を使うことなく剥いている状態を維持する方法ですが、これについても、ずっとペニスに違和感がありますし、自分の意思で調整が出来ないので、時と場合によって痛みを感じてしまいました。
それよりも、自分はけして余分な皮の量が少ないタイプではない事に気が付いて、これまでの方法で本当に治るのかと、疑問に思うようになりましたね。
そしてついに、自己流はもちろん、グッズを使った包茎治療も断念して、手術を選ぶ事にしました。
こちらもインターネットや口コミで調べてみると、色々進化しているようですし、カウンセリングも念入りに行えると言う事でした。
そして今は、包茎から開放されて、快適に暮らしています。